ホーム >>中国の腕時計業界、新しい工業化の発展傾向
中国の腕時計業界、新しい工業化の発展傾向

1、世界のコピーブランド時計業界の分業の中で、中国の時計業界は重要な地位を占めています。

中国の宝石業界は、より速いスピードと、より大きい規模で世界の時計業と高度な融合をしている一方で、時計業界も国家輸出のために重要な貢献をしています。輸出品の構造は絶えず最適化して、輸出貿易の方式は多くのルートに向かって、多種の形式に変化します。

2、産業組織の構造は絶えず最適化して、新型の工業化に向けて発展する傾向が現れます。

近年、わが国の時計製造業は、中小企業を主体とするクラスタ式発展の構造を形成し、民営企業と三資企業が急速に拡大している(企業総数の70 %以上)。すでに広東珠三角地区、福建、浙江、江蘇、山東、天津などの6つの主要な産物が形成されました。各生産地はすべて完全な時計の加工の産業チェーンを備えています。材料から完成品まで自然に上、中、下流の間の産業の群体が完全で柔軟な産業チェーンを形成しました。より強い競争力を持つ産業クラスタエリアに発展していく。これらの産業クラスタ地区の出現はわが国の時計工業の発展のために突出した役割を発揮し、同時に地元の経済発展のために重要な貢献をした。産業チェーンの継続が続くにつれて、産業融合プロセスは加速し、特にハイテク技術は時計業界の中で応用され、中国の腕時計業界が新型の工業化への道を目指している。



前ページ: 若い消費者が愛顧する、実用的な低価格腕時計!
次ページ: 簡素さ、縁橋雅皮風の美男子腕時計、紹介!