ホーム >>北京の腕時計、感謝の行事
北京の腕時計、感謝の行事

2014年6月15日、北京城のにぎやかな中心で、王府井歩行街北口道演区で、北京の腕時計が手を携えて「ファッション時間」を手にした雑誌「北京時間、帰還青春」が行われた。北京の腕時計は、天下の子供たちと共に、尊敬されるお父さんにお祝い申し上げます。現場の人波があふれ、幸福の息吹があふれている。

北京の昔ながらのレトロ感撮影エリアでは、参加者たちが殺到したり、スタイルを並べたり、親情写真を撮ったりしていた。現場のファッションカメラマンは、来場者の家族が無料で撮影するために1枚を無料で撮影するため、その場で手を下ろしていた。大型展示区の投影画面には、北京の時計の制作工芸や風雲の歴史が流れており、現場スタッフが腕時計の知識を心で解説している。北京腕時計工場総経理の苗洪水氏は、イベント司会の取材を受け、今回の活動に感謝の気持ちを語った。

北京のスーパーコピー時計

この日最も注目された北京の腕時計は、北京の時計の第1弾として、1958年に誕生した「一型表」の復刻版で、50年代に製造された1型の時計(BS - 1)が、本格的な投産まで数年を経て、今日の目を見て、優雅な仕事をしている。



前ページ: ハイエンドスーパーコピー腕時計、ではない贅沢品
次ページ: パネライPAM533腕時計紹介!