ホーム >>Appleは、航続を延長するため、腕時計のために新しい技術を開発する。
Appleは、航続を延長するため、腕時計のために新しい技術を開発する。

市場研究会社のIHSマークは、将来のアップル社がiPhoneとApple Watchの画面に新たな省エネバックパネル技術を採用する可能性があるとして、これらの設備の電池寿命を延長することに役立ちます。

「スクラップ」とは、「独立した画素の開封と閉鎖された部分を担当し、スクリーンの解像度や更新率と電力消費に対して重要な役割を果たしている」としている。

現在、スマートフォンのOLEDディスプレイは、LTPS TFT(低温多結晶フィルムトランジスタ)を使用して標準バックパネル技術として使用されている。しかし、IHSは、今後数年で、Appleは将来のiPhoneバックに低温多晶酸化物(LTEC TFT)に変更する可能性があるとみている。

LTPSと比べると、LTEC理論では5~15 %の電気量を節約できる。これによって製品の航続力を強化する。スクリーンとプロセッサは、電子製品の最も消費電力の2つの部品で、電池技術に革命がない場合、携帯メーカーはこの両者の電力消費を工夫して、省エネの目的に達することを考えなければなりません。

ビジネスの角度から見ると、IHSは、アップルがLTEC技術を開発することに興味を持っているかもしれないが、OLEDディスプレイに対する多くの制御権を得ることができる。周知のように、サムスンやLGなどのメーカーは、この分野に対して、絶対的な制御権を持っている。リンゴはずっと全体の流れを制御することを望んで、過去、プロセッサとGPUは代理人から自分の設計に至るまで、すでにこれを証明しました。



前ページ: 2018年オメガ新女性腕時計、Ikebukuro推薦
次ページ: 月曜日に紹介して、CORUM新しいLa Grande Vie腕時計