ホーム >>愛馬仕 HERMES In The Pocket の2用時計、百年風華今再生
愛馬仕 HERMES In The Pocket の2用時計、百年風華今再生

この懐中表のサイズは40 mmですが、特製の腕帯に取り付けられたとき、直径は49 mmまで拡大して、この腕帯は表の魂の所帯であり、それは非常に堅固でなければならなくて、同時にすべてのエマメスの毛皮の利点を持っていなければならなくて、そのため特厚なワニの皮を使って外観を処理して、内は比較的頑丈な小牛の皮である。この腕帯は完全に手作りで、成形時の治具も手作業だけを考えているので、製造工程が冗長であるが、複雑ではなく、すべての手作業を縫製したように、新しい科学技術に重点を置いていて、熟練した職人である。

時計スーパーコピーで使用されているH 1837の機軸は直径が25 mmで、厚さは3.7 mmで、50時間に達することができ、実は腕時計として開発された機軸であり、実際にはエマワークが非常に重要な基礎の機軸であり、設計の際には今後の応用範囲を考慮したものである。の判断。



前ページ: ブレゲ腕時計、卓越した革新、伝承の美を演ずる
次ページ: オメガ白海馬Ploprof 1200メートルのダイビング時計