ホーム >>全自動機械の時計の原理は何ですか?
全自動機械の時計の原理は何ですか?

運営原理

腕時計がエネルギーを運ぶのは発条の弾力によって提供されていて、十分発条した時に、その力は大きくて、時計の運航に従って、発条の髪の緩みに従って、その力も次第に小さくなります。腕時計は上から24時間までの時間にかけて、そのパワーの出力は穏やかで、この時も比較的正確で、誤差が小さい。また、24時間を超えると発条のトルクが急落し、誤差が増大する。腕時計を確保するためにはより正確なので、毎日のタイミングで十分に発布します。

スーパーコピー腕時計使用方法

機械の腕時計はどのように上の指を使うのが良いですか?往復の上で、指で大きな鋼の車輪を戻ってきて、このようにして回弾の減速になって、歯車の衝突を防止して、また往復にもとても省くことができます。まっすぐ行くと、発条が満席に近づくと、そのリバウンド力も大きくなり、その度に1回になると、毎回弾き歯車がぶつかり合うことになり、歯の先が折れやすくなります。

伝動比は推計によって、柄の頭が18回回り、腕時計が36時間続いている。しかし、すべての人の上弦の力が異なるため、柄の頭の中の防水テープの摩擦力の大きさは異なっています。このため、髪が完全にリラックスしたときには、柄の頭は20回以上回転した方がいいです。発条を全部締めて、理論的には移動時40時間(特殊表は除く)が続くが、24時間後は時計の精度を確保できない。

車線が静止状態にある場合には、発条に一定のトルクを加えると、上下の弦が、時計を揺り動かすことなく自動的に動くことができ、この時計の感度が高いということを説明します。上条後に時計を動かすことが必要で、時計の感度が低いと説明します。このような現象は一般的に遊輪の差が大きくなってきた。



前ページ: 透かし彫りのロレックスはいいですか?
次ページ: Panerai Luminor GMTシリーズPC 0021、どのように時間を調整しますか?