ホーム >>子供の心は無限で、Jaacet Drozアクロロの自動人形
子供の心は無限で、Jaacet Drozアクロロの自動人形

最も羨望のある人形といえば、マス・スゲス監督の奇幻映画「雨果」を思い出す。20世紀30年代の終わりのパリ駅で、12歳の小孤児の雨実が、駅27の時計の後に壁の狭い通路に隠れ、調校の時計に頼っていた。先父が遺したロボットを修理し、父の秘密を解読することを願う。ある日、人がゴミと見ていたロボット人が、絵を書いているのを知っていると、なぜ父親が伝聞の道具として知られていたのかと驚いた。映画の中で、ロボットは雨の実を父と深い愛情を結んでいて、機械の背後には迫力のある物語が潜んでいる。

現実の中で、このロボットの原型は、有名な時計メーカーのアークドロの創設者である、製表の巨匠ピエール・アーク・ドロ(Pierre Jaacet Droz)の手で「作家(The Writer)」という機械的な人形を作っているのだ。



前ページ: ブランド時計コピーティソの時計の良し悪しをどう判断するか
次ページ: ヘンリーが慕う時(H . Moer & Cエ.)勇創者シリーズの腕時計にお父さんの日