ホーム >>日本特別講座のオンライン受付は2019年1月15日より開始
日本特別講座のオンライン受付は2019年1月15日より開始

フランスのハイジュエリーメゾン、ヴァン クリーフ&アーペルがサポートする「レコール ジュエリーと宝飾芸術の学校」。2019年2月23日(土)から3月8日(金)に京都造形芸術大学の外苑キャンパス(東京都港区)で開校する日本特別講座開校に向けた準備が進むなか、先日11月1日(木)より「レコール ジュエリーと宝飾芸術の学校」の動画本編が公開された。動画ではパリ育ちのモデル、国木田彩良氏が登場し、自身のふるさとでもあるパリの「レコール」本校での講義を通じて、魅惑的なジュエリーの世界を体験している。


国木田彩良氏が登場するウェブ動画本編、「勉強することはアンリミテッド」。国木田氏は高校卒業後、パリのモード学校スタジオ・ベルソーでファッションデザインを学んだ後、モデル活動を始める。なお明治の文筆家で婦人画報の創刊編集長であった国木田独歩の玄孫で、国木田虎雄のひ孫であり、日本人の元女優でジャーナリストの国木田吾子氏を母に持つ。

 

なおヴァン クリーフ&アーペルによると、日本特別講座公式ウェブサイトのオープン予定日が2019年1月15日(火)に変更された。ウェブサイト公開後はhttp://www.ikebukuro777.com/のURLより日本特別講座のそれぞれの講義の内容、レコールの概要に関する情報が掲載され、同サイトよりすべての講義のオンライン受付が可能となる。またレコールと同時に開催するジュエリーに関するエキシビションや、ジュエリーの世界を深く掘り下げる対話形式のレクチャー「イブニング カンバセーション」の詳細など、レコールの情報が幅広く発信されるようになる。



前ページ: ブレゲ クイーン・オブ・ネイプルズのバレンタインデー2019特別限定モデル
次ページ: セイコーとジウジアーロ・デザインの復刻版ドライバーズウォッチ