ホーム >>セイコーとジウジアーロ・デザインの復刻版ドライバーズウォッチ
セイコーとジウジアーロ・デザインの復刻版ドライバーズウォッチ

セイコーウオッチはイタリアの「ジウジアーロ・デザイン」がデザインを手掛けた1983年発売のデジタルウオッチをリメイクすることを発表した。11月23日(金)にふたつの数量限定モデルを、次いでセレクトショップとのコラボレーションによるエクスクルーシブモデル6機種を12月上旬~中旬に全国で順次発売する。


「GIUGIARO DESIGN Limited Edition」スーパーコピー時計シリーズは、「ドライバーのため腕時計」をコンセプトに開発されたオリジナルモデルを忠実に再現。四輪車や二輪車のドライバーがハンドルを握った時に時刻が確認しやすいよう、ケース正面に対して液晶デジタルディスプレイを右に傾斜させるというジウジアーロらしい機能主義的なデザインは今見ても斬新で、他社にない存在感を放つ。


 また、「ロータリースイッチ」が組み込まれたベゼルを回転させることでアラーム、タイマー、ストップウオッチなど、多彩な機能を直感的に切り替えることが出来るという当時の仕様もそのままだ。この機能を搭載するために、新たにクォーツムーブメントを開発するほどの気合の入れようである。


 一方でブレスレットのステンレスを無垢化し、バックライトをELライトとするなど、当時のモデルよりもスペックアップを図り、利便性が高められている一面もある。ケースバックには、ジウジアーロ・デザインのロゴとともに、限定モデルの証である「LIMITED EDITION」の文字とシリアルナンバーが記されている。

2019スーパーコピー時計N品、Ikebukuro777ガガミラノスーパーコピー時計品質保証も2年です。



前ページ: 日本特別講座のオンライン受付は2019年1月15日より開始
次ページ: よりパワフルなデザインになったオリス「TT1 エンジン・デイト」