ホーム >>2019新作 タグ・ホイヤーの時計製造における卓越性を示す新作
2019新作 タグ・ホイヤーの時計製造における卓越性を示す新作

 時計ロレックスコピー製造におけるタグ・ホイヤーの優れた力が、次世代のトゥールビヨンを象徴するこの驚異的な新作タイムピースに示されています。この新作に搭載された自社製ムーブメントにカーボンコンポジット製ヒゲゼンマイを採用していることが特徴で、よく知られた素材であるエリンバーやシリコンの代わりにこの素材が用いられています。


  LVMHウォッチメイキングディヴィジョン プレジデント兼タグ・ホイヤーCEOのステファン・ビアンキは、次のように述べています。「自社の先進技術を盛り込んだこのタグ・ホイヤー カレラの新しい解釈は、最高級の時計製造という当社が受け継ぐレガシーを強調するとともに、パフォーマンス、破壊的なイノベーション、アヴァンギャルドという当社の価値観に、現在も忠実であり続けていることの証明ともなっています。」


  このタイムピースの特徴である魅力的なトゥールビヨンは、伝統的な時計製造のクラフトマンシップと最先端のイノベーションを結ぶ架け橋です。精巧な作りと審美性を備えたトゥールビヨンは、時計愛好家が所有することができる、そして、ごく限られたマニュファクチュールのみが製造できる最も印象的なコンプリケーションのひとつです。


  タグ・ホイヤー カレラ コレクションは1963年の発表以来進化を続ける一方、そのDNAに忠実であり続けてきました。ユニークなモジュール式デザインとモーターレーシングとのつながりが、一番人気のコレクションであるカレラをいつまでも走らせ続けています。



前ページ: ティソの時計、エレガントな気質、スターの最も愛
次ページ: 記念ウォッチ「ロンジン マスターコレクション」を製作