ホーム >>ムーンフェイズ・ディスクを装備した2018年の新作「マエストロ」がベース
ムーンフェイズ・ディスクを装備した2018年の新作「マエストロ」がベース

スイスの伝統工芸である時計製造をより多くの人に楽しんでもらいたいと、時計職人レイモンド・ウェイル氏が1976年に創業した「レイモンド・ウェイル」。時計の街、ラ・ショー・ド・フォンで組み立てられるクリエイティブながら手の届く高品質なウオッチが、人気を集めてきた。


そして2018年3月、バーゼルワールドで発表されたのがムーンフェイズディスクを搭載した「マエストロ」コレクションの新作時計。このモデルに日本のストラップ職人とコラボレーションしたスペシャルなガガミラノスーパーコピー腕時計が登場した。


「マエストロ スペシャルエディション」の文字盤には、伝統的なギヨウシェ3種類をそれぞれダイアル中央、外周、ムーンフェイズディスクに入れることで立体的で奥深い表情を創出。上質なテクスチャー、クラシカルなデザインがタイムレスな魅力を放っている。



前ページ: 【ブルガリウォッチの基本】実は分かりやすい
次ページ: 宙に浮いているように見せる新作キャリバーを採用