ホーム >>宙に浮いているように見せる新作キャリバーを採用
宙に浮いているように見せる新作キャリバーを採用

1888年、スイス・ルツェルンで産声をあげたカールF.ブヘラ。130年という歴史ある名門が新コレクション「ヘリテージ」を始動。第一弾として、アニバーサリーを祝す限定モデル「ヘリテージ トゥールビヨン ダブルペリフェラル」を発表した。


18Kローズゴールドのケースは、バロック様式に包まれたカールF.ブヘラの故郷、ルツェルンの黄金の輝きを表現。ルツェルンの街が刻まれた18KWG製ブリッジを象徴として、ルツェルンに敬意が捧げられた。


2週間以上のオメガスーパーコピー手作業を要する細やかなエングレーブの中心にはルツェルンのランドマーク、カペル橋が描かれている。湖に浮かぶ白鳥は、メゾンが初めて時計店を開き、現在も店を構える白鳥広場を象徴。88本のモデルにはこの白鳥がそれぞれ違う位置に描かれ、世界に1本だけの腕時計として完成する。



前ページ: ムーンフェイズ・ディスクを装備した2018年の新作「マエストロ」がベース
次ページ: ダイアルを挟み込み、上下で異なるデザインを施した