ホーム >>技術的な洗練性と完璧に磨き上げられた技術の融合
技術的な洗練性と完璧に磨き上げられた技術の融合

ジャガー・ルクルトにとって、パテックフィリップコピー時計職人が持つ技術の神髄とは、精度を追求する技術とそれを実行するのに必要な卓越したクラフトマンシップを理想的なバランスで達成することに他なりません。 ミリオノメーターの発明からジャイロトゥールビヨンの発表に至るまで、このバランスは多様性を極めるマニュファクチュールの希少なクラフトマンシップ(Métiers Rares®)や熟練の時計職人たちの多彩な専門技術によって表現され、技術的な洗練性と類まれな芸術性の融合という共通の目的に仕えています。


クラフトマンシップと精度


マニュファクチュールでは、創設当初から二つの目標を掲げています。それが、ムーブメントの精度と技術的精度の追求です。これら2つの目標は物語に出てくるようなスイスの美しい自然の下に生まれ、育まれています。そして、その自然は季節の移り変わりに関わらず、平静を悠然と維持し続けています。マニュファクチュールが誇る熟練の時計職人たちはこの環境から多くの影響とインスピレーションを受け、自らの心血を注いで創造的なスケッチやテン輪、ガンギ車の一つ一つを創り出すことで、常に精度の限界に挑み続けています。


精度を追求し続けた歴史


飽くなき精度の追求の過程で、ジャガー・ルクルトは世界初の偉業と讃えられる様々な発明を生み出しました。1844年、ミリオノメーター。1900年、メダイユ。1928年、グランドコンプリケーションを備えた初のポケットウォッチ。1958年、 ジオフィジック クロノメーター。1967年、ジャガー・ルクルト製キャリバー820。1992年、マスター・コントロール 1000時間コントロールテスト。2004年、ジャイロトゥールビヨン。2007年、デュオメトルとデュアル・ウィング コンセプト。2009年、 国際クロノメーター コンテスト グランプリ。実際の功績はこの限りではなく、ジャガー・ルクルトは精度の限界を打ち破る新たな発明を継続的に発表し、紛うことなき一流のマニュファクチュールとして国内外で確固たる地位を確立しています。



前ページ: リアルウオッチデザインを追求し、ゴルフライフをサポート
次ページ: 「アワーグラス 銀座店」にて ローラン・フェリエ フェア開催