ホーム >>シチズン、独創的なパーペチュアルカレンダー搭載「カンパノラ」
シチズン、独創的なパーペチュアルカレンダー搭載「カンパノラ」

シチズン時計ロレックススーパーコピーのウオッチブランド「カンパノラ」から、ユニークなパーペチュアルカレンダーを備えた新作が登場する。カンパノラとしては13年ぶりとなるトノー型ケースを採用しているのも見どころのひとつだ。


カンパノラは「時を愉しむ、日常を愉しむ、個性を愉しむ」をテーマとし、先進の技術や伝統と匠の技を融合させた独創的な時計。今回の新モデルは、シルバー文字板・ステンレスバンドの「AG6250-50A」(税別380,000円)と、ブラック文字板・ワニ皮バンドの「AG6250-09E」(税別360,000円)というラインナップだ。


独特のパーペチュアルカレンダー(永久カレンダーとも呼ばれる)は、20世紀と21世紀を分かつ西暦2000年を軸として、200年分のカレンダーを持つ。2100年2月28日まで、うるう年などの月末カレンダー修正が不要だ。



前ページ: ベルギーの時計ブランド【RESSENCE】(レッセンス)日本
次ページ: セイコー、桜をテーマにした全10モデルの女性向けウオッチ