ホーム >>スーパーコピー時計CoCo壱番屋創業者の無欲ぶりに喝采
スーパーコピー時計CoCo壱番屋創業者の無欲ぶりに喝采

1月9日に「プレジデントオンライン」に掲載された「カレーハウスCoCo壱番屋」のスーパーコピー腕時計創業者である宗次徳二氏のインタビュー記事の反響が、いまだに“ものすごい”と話題を呼んでいる。

 

 宗次氏はインタビューの中で「贅沢に興味がない」と話しており、「愛用の腕時計は7800円、シャツは980円の既成品」を使用していると明かした。また、その理由を「自分の贅沢のためにどれほどお金を使っても、最後には空しさが残るだけ」とし、助けを必要としている人のためにお金を使っているという。

 

 これに対しSNS上では《ZOZO前澤社長に爪の垢を飲ませてやりたい》《経営者の頃からホウキとチリトリ持って道の清掃とかしてたし、徳をつむのが好きな人なんだろうな》《子どもの頃はお金で苦労していたはずなのに、どうしてこういう考え方ができるんだ》など、称賛の声が引きも切らないのだ。

 

「宗次氏の場合、質素倹約というより、まったくお金に執着しない人物として知られており、『亡き後の私財は相続させず、奨学金やホームレス支援などにすべて投じます』という宣言もしているほど。あまりにいい話すぎて疑いの目を向ける人もいますが、現在もNPO法人を設立して音楽やスポーツ、ボランティア等の分野で支援を続けているんです」(ビジネス誌ライター)


 個人資産220億円とも言われる宗次氏だが、確かに自らの宣伝のために大金をばら撒くイメージが強い、どこかの“女優大好き”社長とは次元が違う。



前ページ: 独創的な新作パーペチュアルカレンダー登場
次ページ: 金持ちアピールしたいだけ」「ヤラセ」“ドッキリ