ホーム >>文字盤に実弾を装填!ハードボイルドな男のための高級時計
文字盤に実弾を装填!ハードボイルドな男のための高級時計

文字盤に銃弾を埋め込んだ衝撃的なデザインで、独特の感性とともにその名を世界に知らしめたアーティア「SUN OF A GUN (サナバガン)」。2011年に発表されたこの特異な腕時計ロレックスコピーが、2019年、よりエレガントに洗練されたニューバージョン「SON OF A GUN - RIOT CLASSIC(サナバガン ライオット クラシック)」(188万円/税別)として生まれ変わりました。


目を惹くのは、ケース内に収められた褐色をおびた6つの銃弾。フロバート銃用の6mm弾が、リボルバー拳銃のシリンダーよろしく、文字盤にぐるりと並びます。中央にはターゲットが刻まれた18mm径の内部ケースが収められ、スイス製の自動巻きムーブメントが粛然と時を刻みます。


新作「SON OF A GUN - RIOT CLASSIC」では前モデルの47mmケースに代わり、人気の「ロシアンルーレット」シリーズと同じ44mm径のクラシックケースを採用。スリムでミニマルなケースサイズが、耽美かつハードボイルドなアーティアの世界観を引き立てます。


発売されるのは99本の数量限定リミテッドモデルと、ベゼルにひとつひとつ異なる手彫りを施したユニークピース9本のみという、正真正銘の特別モデル。研ぎ澄まされた精悍な表情に注目です。



前ページ: ニクソン史上最強のタフウォッチに日本限定カラー登場
次ページ: コミック第1話「ドラえもん」デザインの腕時計2モデル