ホーム >>なぜだか海外モデルに見えるカタカナG-SHOCKが誕生!
なぜだか海外モデルに見えるカタカナG-SHOCKが誕生!

近ごろでは、漢字だけでなくカタカナのタトゥーを入れている外国人や、カタカナをデザインした海外のプロダクトを目にすることも多くなりました。そんな “カタカナ” をフューチャーしたのが、G-SHOCKの新モデル「JAM HOME MADE×G-SHOCK― 20th ANNIVERSARY ―」(1万5000円/税別)です。


スクエアデザインのフェイスにカタカナを大胆に入れ込んだこのアニバーサリーモデルは、国内外で注目されそうですよ。


「JAM HOME MADE×G-SHOCK -20th ANNIVERSARY-」は、創立20周年を迎えたユニセックスジュエリー、アクセサリーのブランド、JAM HOME MADEとG-SHOCKとがコラボしたジャムセッションモデル。


ベースはG-SHOCK初期モデルであり、“スピードモデル”と呼ばれる定番の「DW-5600」ですが、よく見るとそのスクエアデザインのフェイスには、「#ジャムホームメイド 20ネンキネンゲンテイモデル」「ドクソウ」「カクシン」など、カタカナの文字がぎっしり散りばめられています。ウブロコピー確かに、実に独創的で革新的なデザイン!




前ページ: 「ドラえもん」名シーンや名言満載 デジタル腕時計
次ページ: 機械式好き注目の8000円台で買えるチプメカ時計