ホーム >>背後の女、ブレゲの女性の腕時計の経典の作
背後の女、ブレゲの女性の腕時計の経典の作

ブレゲ、1775年に創立され、今から240年の制表歴史があり、業界では「表王」と「現代製表の父」としての誉れがある。宝玉女の金腕時計はずっと広髪の女性に愛されているが、宝玉男表も宝玉も、宝玉腕時計ブランドの純粋な製表技術がある。

ブレゲコピーブランドは、18世紀から皇室のメンバーや各分野の優れた人物のために卓越した工芸品作りの腕時計を提供してきた。もちろん成功の男だけではなく精明な女、宝玉と同じような伝奇的な女。

ブレゲの背後にある女といえば、そんな大物、メアリー・アントワネト。フランスの歴史上伝奇的な末代の皇后として、彼女をモデルにした映画や文学作品は数えきれない。宝玉とこの末代の縁を顧みると、宝玉とは深い縁がある。1783年、謎の慕う者が宝玉に注文した贅沢な時計をプレゼントとして贈与した。この番号は、ナンバー160の自動チェーンの懐中時計で今日に至るまでもない時計の達品。



前ページ: ダイヤモンドの星が浮かぶ夜空のようなウォッチ
次ページ: Panerai南京徳基腕時計展、紹介