ホーム >>腕時計はメンテナンスしてこそ、よりよく作動することができます。
腕時計はメンテナンスしてこそ、よりよく作動することができます。

腕時計は計器のように定期的に掃除してこそ、メンテナンスがスムーズに動きます。特に貴重な腕時計は、「まだ十分に装着していないと壊れてしまう/破損してしまう」という現象を避けるために、メンテナンスの仕方を身につけることが大切です。今日は珠玉の腕時計のメンテナンスから始まりました。私たちの腕時計を大切にします。

腕時計は定期的にアフターサービスでメンテナンスしてください。ほこりが多く、磁場に近いなどの特殊な環境で働く人にとって、メンテナンス時間はもっと短くなるべきです。一般的に、保養時間は4~5年で、具体的な時間は実際の状況によって決めます。

腕時計の防水の深さは違っています。30メートルしかないものもあります。水上運動をしたら取って保管してください。防水が百メートルなら、浅水運動ができますが、防水は300メートル以上で自由です。

ケースとしても、時計のチェーンとしても、金属や貴金属が基本です。これらの材質は女性の化粧品や香水などの化学用品から遠く離れていなければなりません。長時間接触すると、侵食されて変色したり、腐敗したりしてダメージを受けます。

温度差が激しい環境の中で腕時計を身につけないでください。例えば、お風呂やサウナなどです。腕時計の中に水蒸気が入らないようにしてください。



前ページ: ブライトリング腕時計、視覚の美感を昇格させます。
次ページ: Zenith腕時計のメンテナンス、注意事項!