ホーム >>watchOS 4の新しい心拍数系機能に一部対応せず
watchOS 4の新しい心拍数系機能に一部対応せず

今年秋から配布されたwatchOS 4には、リアルタイムだけでなく安静時の心拍数の終日測定、あるいは歩行時の心拍数の定期測定という機能が加わっています。しかし上の画像を見るとわかるように、初代Apple Watchでは現在の心拍数が表示されるだけ。これは寂しい…寂しいですね…。


またこの変化についてはAppleの公式サポートページにも「(Apple Watch Series 1 以降)」との記載があります。なーんだ、仕様だったのね…。この理由について公式ページは理由を明かしていないのですが、プロセッサの処理能力やバッテリー容量の問題で頻繁に心拍数計をONにできないという事情があるのかもしれません。


初代モデルから年を重ねるごとに、圧倒的に処理能力が向上してきたApple Watch。今年発売された「Apple Watch Series 3」でも、前モデルの「Apple Watch Series 2」と比べるとその性能には雲泥の差があります。


スーパーコピー時計通販、最高級ブランド時計コピーは品質2年無料保証です。NOOB製スーパーコピー時計のみ取り扱っていますので、品質がより安定してます。日本人経営の信頼できるサイトです。連絡先:050-4560-1404。2019スーパーコピー時計N品、Ikebukuro777ロレックススーパーコピー時計品質保証も2年です。



前ページ: 新しい時計職人がランゲ時計工場を訪問
次ページ: でもGPS+Cellularモデルはワンポイントの自己主張