ホーム >>腕時計コピーの第三の形「トノーウォッチ」トノーウォッチ研究
腕時計コピーの第三の形「トノーウォッチ」トノーウォッチ研究

トノーウォッチの存在を知るには、まず、腕時計スーパーコピーの歴史に触れる必要があります。少し歴史の話を交えて解説します。


“腕時計”は懐中時計に取って代わる存在として、20世紀初頭より登場し始めます。最初の腕時計は、乱暴に言うと「腕に巻きつけることのできる懐中時計」という印象でした。そのため、腕時計の形の多くは、懐中時計を踏襲し、「丸」型でした。


しかし、だんだんと、“腕時計ならではのデザイン”の模索が始まります。1920年代から1930年代は、「アールデコ」と呼ばれる幾何学図形を大切にしたデザインが流行したこともあり、レクタンギュラー型やトノー型の腕時計が作られ始めます。まさにこの時代は、腕時計デザインの試行錯誤の時期で、いろいろなデザインが生まれたのです。


この歴史的イメージがあるため、今回、取り上げるトノーウォッチには、「1920~30年代の腕時計黎明期に登場した“クラシカルな時計”」という印象があります。

2019スーパーコピー時計N品、Ikebukuro777ロレックススーパーコピー時計品質保証も2年です。



前ページ: 時計コピーコストパフォーマンスに優れた“9F”GMTウォッチ
次ページ: Gc経典自動シリーズ腕時計、復古経典