ホーム >>最高級の複雑機構が"天空のロマン"を謳う【個性派時計アカデミー】
最高級の複雑機構が"天空のロマン"を謳う【個性派時計アカデミー】

地球、月、太陽。天体が織りなす“悠久の時”を、巧緻なメカニズムで再現。慌しい日常と格闘する現代人に、視覚的に時の本質を説く、美しくも機能的なハイエンドウォッチだ。


「時」の表示は回転式で、"地球"の縁に目盛が配される。「分」は9時位置のレトログラード表示。


2016年から始まった「天文3部作」の最終章は"太陽系儀" がテーマ。2018年、「ジュネーブ ウォッチグランプリ」で最優秀賞受賞。世界限定60本。手巻き。径46.3㎜。18KRGケース。アリゲーターストラップ。30m防水。5500万円。お問い合わせ先:DKSHジャパン


地球の絵柄は、居住地など、購入者の希望に沿ってハンドペイントされる。ムーンフェイズは特殊な高精度仕様で、実際の月と同じ、29.53日で地球を周回し、誤差はなんと122年に1日。


ケースの背面からも眺められる両面フライングトゥールビヨンは"太陽" をイメージ。ダイヤル上に高くせり上がったポジションで、放射される光を思わせる5本のブリッジはチタン製だ。



前ページ: オールブラックの“真っ黒”高級時計コレクションIWCタグ・ホイヤー編
次ページ: ゴツいケースにすっきりダイヤルのダイバーズウォッチに“ギャップ萌え”