ホーム >>洋時計は中国の味がします。
洋時計は中国の味がします。

清の時代には皇居の建築処で鐘を作る以外に、清の中期以降、蘇州、南京、広州の一帯で、多くの民間時計工房がひっそりと興っています。民間の職人たちは西洋の近代機械の知識を学び、時計を宮廷から民間に向かわせました。当時、多くのお金持ちは家に時計を飾ることができることを誇りにしていました。「紅楼夢」には11か所の時計が描かれており、官吏の豪商の家のぜいたくを表現しています。嘉慶十四年、徐光啓の末裔である徐朝俊は『自鳴鐘表図法』という本を書いて、西洋時計の製造、修理技術と基本理論をまとめました。

清代の中晩期には、厳かな雰囲気の蘇鐘や華麗な広鐘が盛んに行われました。蘇鐘は南京鐘、挿し木鐘とも言われています。多くは紅木で作られています。ある鐘の殻に螺鈿を象眼しています。心の中には銘文と装飾模様が彫り込み模様を採用しています。とても綺麗です。19世紀の末、蘇鐘の製造技術は全く新しいレベルに達しました。1875年に上海の「美利華」工房によって作られた蘇鐘、屏風は独特で、鍾面の純度の高い金、彫り模様が刻まれ、造型が古風で典雅で、民族の風格が鮮明で、時を知らせて軽快で、歩く時に正確に海外に名を馳せます。1903年にパナマ国際博覧会で特別賞を受賞しました。

蘇鐘、広鐘は精巧で貴重ですが、伝統的な手作業生産であり、洋鐘の生産量が低く、造価が高いことに比べて、西方工業革命後の大工業生産の発展と深入さに加えて、列強はわが国の経済略奪とコントロールの深まりにより、本土時計の生産は日増しに縮小し、次第に歴史の舞台に消えていきました。これらの時計は独特の歴史的な内包と工芸の特徴で価値があります。また、ここ数年梅年は強くて、大羽さんを装っているなどのトップ級の蔵家が追いかけています。私は幸運にも江西の有名なチベット家の黎小吉で完璧な清乾隆九鈴広鐘を見ました。この鐘の形は整然としていて、品は完全で、包漿が渾然としています。

中国人が伝統的な工芸を西洋の時計に取り入れて作るのに対して、西洋の時計企業は中国市場に合わせるために、中国の消費者の好みに合わせて「中国市場表」を作っています。このような時計は以前の西洋袋の表でよく使われていた裸の女性の装飾などの芸術スタイルを捨てて、和合二仙、カササギの登梅、五福の臨門、満州族の婦人、刀馬人などの中国の伝統的な絵画の題材を捨てて飾ります。文も以前の「洋数字」を変えて、漢字表記に変えます。商業の角度から見て、西洋人はこのようにして中国市場を攻略するためで、これも後日国産の時計が愛国という名目で西方の資本の侵入に抵抗するために伏線を埋めます。



前ページ: 古尊男性腕時計、高貴な雰囲気
次ページ: Bottega Veneta男女兼用腕時計、紹介!