ホーム >>懐中時計の時間調節の方法
懐中時計の時間調節の方法

二十世紀の民国初期には、上流社会において、男性は一人一人が懐中時計を持っていることを誇りに思っていました。パーティーの場であれ、仕事の場であれ、懐中時計を取り出して時間を見る人がよくいます。当時、懐中時計は一つのファッションを表していました。我が国だけではなく、西洋の国でもそうでした。

当時ヨーロッパの紳士に必要なものは、礼服、シルクハット、チョッキ、そして最後の懐中時計の四つありました。黒いドレスを着て、頭にシルクハットをかぶって、白いチョッキを合わせます。これは紳士としての全セットの装備です。腕時計を一つ持っていないともっと完璧です。ホームページの購入:http://www.ikebukuro777.com/

今では懐中時計は多くなくなりました。一番多く使うのは腕に持つ腕時計です。同じように機械式の時計ですが、腕時計を収集する人はもっと多いです。しかし、時計のような骨董品のコレクション市場では、腕時計の価値がもっと高いです。表である以上、主な機能は時間を見ることです。時間が合わないと調整しなければなりません。実は、時間を選ぶ方式で、懐中時計と腕時計はとても似ています。



前ページ: 腕時計はどうやってつけますか?左手ですか?右手ですか?
次ページ: ブルガリの機械腕時計、身につける時の注意点は何ですか?