ブランド時計コピー >>最新情報 >>ロレックスレプリカ時計社内に反対派はいるのか?
ロレックスレプリカ時計社内に反対派はいるのか?

社内の反対意見も考えられます。

しかし、日本のような会社組織と異なり上の役職者がGOサインを出すと外資系組では有無をいわないで、動くのが一般的です。

そのため、仮に社内で意見が分かれていてもCEOがGOサインを出せば動くはずです。

そう考えると、単純にCEOが直営化に消極的か、必要と感じていないことが理由でしょう。

ロレックスブランド時計コピーのCEO、ジーン・フレデリック・デュフールは腕時計業界の若きリーダーであり、業界を牽引できる有能な経営者と言われます。人望も厚いと言われ、ラグジュアリーウォッチ業界のリーダー、ジャン・クロード・ビーバー氏が「これまで見た中で、最も有能な経営者のひとり」とべた褒めするほどの人物なのです。

それほど有能なデュフール氏ならば、現状直営店を出店していない、ロレックスの理由は何か、大変気になります。



前ページ: 2年→5年に大幅延長されたロレックスの保証期間
次ページ: SNSの発展、広告のあり方が大きく変わった10年