ブランド時計コピー >>最新情報 >>レプリカ時計ビジネスシーンでも黒の腕時計は使える?
レプリカ時計ビジネスシーンでも黒の腕時計は使える?

レプリカ時計ビジネスシーンの腕時計といえば、周囲に不快感を与えず、目立ち過ぎないのが鉄則です。そのためアナログ表示で、針は長針・短針・秒針の3本が望ましいとされています。本来ならベルトは黒のレザーで、文字盤は白というのがフォーマルですが、それ以外でも問題はありません。黒の腕時計も違和感なく身につけられます。


例えばロレックスならオイスターパーペチュアルやエアキング、オメガならレイルマスターやデ・ヴィル・プレステージあたりです。セイコーやシチズン、オリエントもビジネスシーンに合う黒の腕時計が充実しています。


逆にカジュアルコーデで身につけるようなラバーやプラスチックは避けるべきですし、挿し色も派手なのは禁物です。ベゼルもシンプルなほうが良いでしょう。時刻以外は日付が表示できるくらいで、クロノグラフは基本的に不要です。同様にアナログ表示ができたとしても、スマートウォッチはふさわしくありません。



前ページ: ロレックスコピーのシリアルナンバーから偽物を見分ける方法
次ページ: レプリカ時計フランク三浦の歴史と取り扱い説明のネタ要素