ブランド時計コピー >>最新情報 >>ロレックスは工場を買って、生産拡大のために準備できます。
ロレックスは工場を買って、生産拡大のために準備できます。

以前から百達翡翠は一部の資産を売却すると噂されていましたが、最近になってやっと確実な情報がありました。外メディアのAGEFLによると、最終的にロレックスは2700万スイスフランで、百達翡翠麗傘下のPerly-ertoux工場を1.9億円の価格で買収しました。この工場は敷地面積が5000平方メートルで、従業員200人を収容できる。この工場は主にベルトとケースを生産しています。そしてロレックスとジュネーヴにあるバンドとケース工場の距離はとても近いです。

今回の買収は明らかに二つの著しい特徴があります。一つは距離が近いこと、もう一つは製品が近いことです。

調査によると、現在ロレックスはスイスに4つの工場があります。それぞれジュネーヴAcaciasで、ロレックスの全世界本部です。主にグループ経営管理を統括しています。ジュネーヴのPlan-les-Outesはロレックスの最大の時計工場です。主にケースとバンドの生産を担当しています。ジュネーヴChne-Bourgは主に文字盤の開発と生産を担当しています。関連の仕事をはめ込みます。ビルビエンヌは主にムーブメントの生産を担当しています。

百達翡翠といえば、Plan-les-Ouatesの本社だけでなく、今回発売されたPerly-Chertouxの時計工場もあります。ラサウド芳にある時計工場もあります。Saint-ImierにあるCadrans Fl Keiger、AlleにあるAllaine(主にマシン芯、Bero)の装飾を担当しているジュラシックです。Le BrassisのPatek Philippe La Vall e SA(表、高級ジュエリー時計と修理)です。

今回の買収後、 ロレックススーパーコピーの最大の工場はさらに拡大し、生産能力もさらに向上することが明らかになった。理論上の生産量は引き続き拡大することが予想されます。しかし、このような生産拡大がロレックスの一部のモデルの引き締め度を下げることができるかどうかは分かりません。今後の市場の反映に注目したいです。



前ページ: citizen腕時計修理費用、公開透明
次ページ: GUCCI Guccio Dual Time腕時計紹介!