ブランド時計コピー >>最新情報 >>ロレックスコピー文字盤の色と質感が良いことでセンス良く見える
ロレックスコピー文字盤の色と質感が良いことでセンス良く見える

センス良い腕時計ロレックスコピー時計は文字盤の色や質感が良く、そのことがセンス良く魅せる最も重要な要素です。

ブランドロゴも含めたインデックスのバランス、色(発色)で腕時計の質感の大部分が決まります。

1956年に発売された56(フィフティーシックス)はクラッシックな装いで、ドレスウォッチの王道を体現した腕時計です。

でもこのモデルの良いところは決してオジさん臭く無いところにあります。

その理由はこの優れた文字盤にあると僕は考えます。バランスの取れたラウンドのケースは淀みなく流れるラインが特徴です。

そして今流行りのブルー文字盤、中心部のブルーをわずかに濃くしています。このことで時計正面から見ると少し立体的に見えることも特徴です。

さらにインデックスの数字とバーの組み合わせが絶妙です。アラビア数字だけにするとどうしても時計がカジュアルになってしまうことがあります。

しかしバーとのコンビネーションでフォーマルに仕上げ、アラビア数字はありきたりな369の配置では無く、12時を起点として一つおきに並べています。このことでセンス良く仕上げていることが特徴です。

そしてカレンダーは曜日と月を小窓でテキスト表示しています。日にちを針で示し、クラッシックさとモダンさを上手く融合させてることが特徴です。

これだけでも十分にセンスが良い時計であることが手に取るようにわかります。

文字盤は腕時計の顔、さらにヴァシュロン・コンスタンタンの腕時計は仕上げの美しさが際立って高いことです。

12時の位置に置かれたマルタ十字がなんとも言えない安心感を与えてくれます。

裏蓋のシースルバックにもマルタ十字が彫られていて、見えないところへのこだわりに名門メーカーらしい、矜持を感じます。





前ページ: アテネFreakwing腕時計、鑑賞
次ページ: オメガスーパーコピー時計販売スピードマスター キャリバー321