ブランド時計コピー >>最新情報 >>世界の時計コピー産業に壊滅的な打撃を与えた日本製のクオーツ時計
世界の時計コピー産業に壊滅的な打撃を与えた日本製のクオーツ時計

エレガントな高級時計と言えば、スイス製の一流ブランドに目を奪われがちになりますが、日本を代表する腕時計ブランド、セイコーの存在も忘れるわけにはいきません。


1881年創業の長い歴史を持つセイコーは、1960年に世界最高級の腕時計をめざして、「グランドセイコー」という機械式腕時計専門の新たなブランドを立ち上げました。日本の熟練職人の手になるグランドセイコーの驚異的な精度はやがて、本場スイスのライバルたちをも脅かす存在になるのですが、1980年代に世界の時計産業に壊滅的な打撃を与えた日本製のクオーツ時計は、皮肉にも機械式のグランドセイコーにも市場からの撤退を迫ることになります。


しかし日本のトップブランドの消滅を惜しむ声は多く、1988年になるとクオーツ式腕時計のハイブランドとして復活をとげました。その後、機械式とスプリングドライブを加えた3タイプのムーブメントを搭載する幅広いラインナップを展開しています。


2017年にはセイコーから独立し、「GRAND SEIKO」という単独ブランドになっています。一方、セイコーにはもうひとつ、1974年に誕生したクレドール(CREDOR)というラグジュアリーブランドが存在します。


ロレックススーパーコピー時計等のブランド時計コピーを販売しています。弊店はNOOB自社製のスーパーコピー時計のみ取り扱っていますので、品質がより安定しています。ロレックスコピー時計はご注文から1週間でお届け致します。



前ページ: パロディー時計ブランドフランク三浦の歴史と取り扱い説明のネタ要素
次ページ: オメガのカップル腕時計、店長の月曜日ご案内