ブランド時計コピー >>最新情報 >>シンプルでクラシカルな39 mmのロレックス探検家I型腕時計
シンプルでクラシカルな39 mmのロレックス探検家I型腕時計

最新ロレックスコピーサプマリーナは、2010年に発売された214270です。大きなケースを持っています。39mmで、前のモデル36mmに比べてより大きいです。ムーブメントには新しいダンパーがあります。また、自己生産のParachromと新しいOysterlock折りたたみ式のバックルもあります。

腕時計の新しいサイズはぴったりです。大きなケースの中の文字盤の割合がよ

さそうです。しかし、時計の針は比較的短くて狭いです。この綺麗な腕時計にはあまり似合いません。古い探検家のI型の分針はほとんど分刻みのところまで伸びていますが、今回の先端は少し離れています。この欠陥以外に、この新型はデザインが優れていて、古典的な外観が分かりやすいです。

幅のある輪をはめると、このケースは金型の一体化に注ぎ込まれたように見えます。すべての表面は研磨処理であり,時計鎖接触の側面を除いては唯一の例外である。ほとんどのロレックスの腕時計と同じで、平らなサファイアの時計の鏡は表輪の上に突き出ていますが、縁は面取りをしています。時計の鏡は6時位置にレーザーでロレックスのクラウンマークをエッチングしました。これも腕時計の真偽の証拠です。その他の偽造防止の詳細には、文字盤側に「Rolex」の文字が刻まれ、12時のロレックスマークと6時の位置にシリアルナンバーが刻まれています。

時計鏡には防眩処理が施されていません。これにより可読性が向上し、ロジウムメッキ金質の針がマットブラックの文字盤と鮮明に対照されました。長方形の標識には夜光材が埋め込まれています。12時には大きな発光三角形があります。これにより、暗さの中での読み取り時間は難しくないです。ロジウムめっき数字3,6,9には夜光コーティングがありません。




前ページ: 多時間区の腕時計、表示のタイプの紹介
次ページ: 夢の中の恋人:ロレックス116619 LB腕時計