ブランド時計コピー >>最新情報 >>IKEサービスセンターの紹介:ロレックス腕時計の取り扱いに関する注意事項
IKEサービスセンターの紹介:ロレックス腕時計の取り扱いに関する注意事項

一、ロレックス機械表の日常注意事項:

(1)ロレックスのケースに湿気が入り込むのを防止するため、時計の防水性能を維持するため、時計の冠は常にロック状態であることを確保してください。

(2)手動上弦ムーブメントの腕時計はできるだけ毎日同じ時間に一度弦を通して、未来の24時間に十分なエネルギーを持って動作させます。

(3)40時間以上装着していない自動巻きのロレックス腕時計は、再度装着する時に、冠を20回転させて、ムーブメントの駆動システムを再起動する。

(4)自動巻きムーブメントの腕時計は、そのエネルギー源は着用者の腕の動きにありますので、正常に着用する場合は手巻きではなく、着用者の運動量が足りないため、発条に十分なエネルギーを補充する時だけ、手巻きで補う方法があります。

二、 ロレックススーパーコピー時計の時間調整の注意事項:

(1)ロレックス腕時計の曜日カレンダーのジャンプは、制格によって早送りの2種類に分けられます。第一の種類±5分以内にカレンダーのジャンプが完了し、第二の種類は3時間以内にカレンダーのジャンプが完了します。

(2)螺旋式の冠を採用しているロレックスの腕時計にあったら、無理に抜かないでください。まず時計回りに回転してロックの冠を開けてください。時間を調整した後、ロレックスの時計の冠を時計回りに回してロックを入れて、水が入らないようにしてください。

(3)カレンダーを持っているロレックスの表にあって、日付を調整する必要がある場合、先にカレンダーをあなたの必要な日付の前の日に変えてください。その後、時計の針を回して日付を調整してください。その時、針は深夜12時を過ぎると日付が変更されます。直接日付を調整して、日夜の混淆を避けることができます。

(4)ロレックス腕時計のカレンダーは、月曜日、月相の調整は時計時間21:00 PM-3:00 AMの間では絶対に操作しないでください。その間カレンダー機能が作動しています。また、歯車のかみ合いが低い時、頻繁な動作はロレックス腕時計の内部部品を傷つけます。



前ページ: シチズンの腕時計の型番はどう思いますか?
次ページ: MIDO天文台認証ブランド、歴史物語