ブランド時計コピー >>最新情報 >>IKEBUKURO腕時計教室:腕時計の電池はどうやって選びますか?
IKEBUKURO腕時計教室:腕時計の電池はどうやって選びますか?

腕時計の電池の最も通行する電池は酸化銀の電池で、それは体積が小さくて、容量が大きくて、しかも放電が安定している特徴を持ちます。つまり、酸化銀電池は普通の乾電池のように電圧がどんどん下がるわけではありません。酸化銀電池のサイズは非常に多く、数十種類があります。その中で日本製がよく見られます。ブランドは松下、ソニー、万勝、セイコーなどがあります。スイス製は「RENATA」といいます。電池は全部独立して包装されています。もちろん国産の電池もあります。

ブランド時計コピーの電池の容量の単位はミリアンペア時間(maH)で表して、電池の体積の大きさによって、普通の酸化銀の電池の容量は何ミリアンペアの時から数十ミリアンペアの時の間で、体積が大きいほど容量も大きいです。腕時計の回路の電力消費はすべて小さくて安定している級ので、現在のICの電気回路のレベルは1つの小さい安定ぐらいをやり遂げることができます。理論的に計算して、腕時計の電池の寿命は腕時計の電池の容量に等しいです。

使う状況から見ると、RENATAの電池は高くて、外観も比較的に精巧ですが、電池の密封性能はまだ日本のものに及ばないようです。アルカリ登りの現象が発生しました。すべてのスイス産の石英腕時計はRENATAを使っています。日本製の腕時計の電池は精工ブランドのものが一番いいです。同じ規格の電池でも、メーカーによってバッテリーの容量が違います。中には酸化銀電池に関する指標表があります。電池の電圧、サイズ、容量などの詳細データがあります。

市場上で販売されている亜鉛マンガン電池は、アルカリ亜鉛マンガン電池と、通常の高出力紙の亜鉛マンガン電池があります。円筒型亜鉛マンガン電池は、分離物の違いで、ペースト亜鉛マンガン電池と板紙亜鉛マンガン電池に分けられます。このうち、板紙亜鉛マンガン電池は、調合の違いによって電気的性質が異なり、またC型板紙電池に分けられ、高容量電池とも呼ばれます。P型板紙電池は、高電力電池とも呼ばれます。高出力の板紙の亜鉛マンガン電池、例えば:R 6 P、電池の放電量はわりに大きくて、液漏れ防止性能は良くて、しかも大電流の連続放電ができます。高出力の板紙電池は価格が安いし、小型電池を使っても賞味期限があります。

日本高人気の腕時計、Ikebukuro777スーパーコピー時計品質信用店



前ページ: ロレックスの腕時計は霧がかかっていますが、どうやって解決しますか?
次ページ: ヴィンテージの伝統腕時計おすすめ、ロンジンのブランド