ブランド時計コピー >>最新情報 >>ロレックスクォーツ腕時計(モデルRef.5000)を紹介します。
ロレックスクォーツ腕時計(モデルRef.5000)を紹介します。

ロレックスは1971年に第一弾の石英表を発表しました。ムーブメントには上記のBeta 21ムーブメントを採用しています。ムーブメントの体積が大きいため、ケースサイズは40 mmに達しています。当時のムーブメントの生産量が不足していた問題で、これはロレックスの貴重な公開限定腕時計です。ROLEXコピー全部で999枚、900枚の黄金版、99枚のプラチナ版を生産しました。サファイアの鏡面デザインは初めてです。

しかし、ロレックスはこのBeta 21ムーブメントの各方面の制限を満たしていません。1977年にロレックスが自主生産の石英ムーブメントを発売し、オイスター式石英表OYSTER QUARTZと命名しました。その中で市場で最もよく見られる男性用石英時計は3種類のDAYJUST(シングルカレンダー)、2つのDAYDATE(ダブルカレンダー)があります。

2003年までロレックスクォーツは生産を停止しました。この25年間でロレックスは約2.5万本のクオーツウオッチを生産しました。数量は多くないですが、デザインは多いです。特に注意するのはDayjustタイプの盤面です。市販の盤面は約10種類以上あります。また、いくつかの原型モデルと実験ムーブメントが競売会でも見られますが、ここでは外に伸びません。

2019スーパーコピー時計N品、Ikebukuro777ロレックススーパーコピー時計品質保証も2年です。



前ページ: ロンジンの腕時計は馬術と縁があります。
次ページ: 小三針腕時計、マーブルスターシリーズU0111912腕時計