スーパーコピー時計 >>最新情報 >>IWC Portugiser最新の腕時計紹介
IWC Portugiser最新の腕時計紹介

PortugiserポルトガルシリーズはIWCの最も経典と悠久な腕時計シリーズで、最初は1930年代に誕生しました。シンプルなアラビア数字、繊細な柳の葉の形の針、軌道式の分刻み、優雅で簡潔なデザインはずっとファンに愛されています。今年、ブランドはこの経典の時計のために自家制のムーブメントに変えて、更に時計の背を開けて、みんなに本当の様子を見てもらいます。

1930年代、2人のポルトガル商人がブランドに航海時計と同じ正確な腕時計を注文しました。この初期のPortugiser腕時計は大型の懐中時計の芯を採用しています。2020年の新バージョンでは、ブランドは既存の上下の小さな文字盤のレイアウト、四分一秒の目盛りが印刷された内側の時計の輪などの標識的なデザインを保持しています。IWC:http://www.ikebukuro777.com/goods/kind_33_1.html

サファイアガラスの底蓋も新しい見所です。自分の芯がある以上、この二つの新しいデザインは元のポルトガルの時計の代わりに腕時計を使っています。もちろん定価もやや高くなりますが、ステンレス版は六万余り、赤金版は十四万近くで、以前より三千円ぐらい高くなりました。ステンレス版には三色の文字盤が用意されています。中には銀メッキの文字盤には金メッキの針や青鋼の針のデザインがあります。赤い金版には岩灰色や銀メッキの文字盤もあります。Santoniワニの皮の時計のベルトを付けます。



前ページ: GPS付きのシチズン光エネルギー衛星C 3067-11 L腕時計
次ページ: IKEBUKURO高級時計:ロレックス228235グリーンダイヤル時計