ホーム >>最新情報 >>バネ棒外しさえあれば、誰でも簡単に交換できる!
バネ棒外しさえあれば、誰でも簡単に交換できる!

通常のピンバックルからDバックルへの交換は非常に簡単。尾錠のバネ棒を押して外し、そのままDバックルを同様に装着するだけ。多少不器用でも問題なく行えるはずだ。交換する際にはサイズがあるので、尾錠幅をチェックして同じサイズを購入するようにすれば良い。


実際の手首に合わせてサイズを微調整しながら、自分の手首のサイズに合わせて小穴につく棒を差し込んで装着完了。フィット感の調整も簡単で、多少手首が太くても調整次第で合わせることができるうえに、時計の着脱はピンタイプの尾錠よりもぐっと楽になる。



前ページ: 意外なほど簡単に装着可能、便利な交換用“Dバックル”
次ページ: オリエントスターの新作、ダイバーズとモダンスケルトンどっちにする